雑記

なにも書かないうちに どんどん時間が過ぎていく
どんどん っていうのは 早い っていうのとはまた違って、
むしろ時間はたっぷりたぷたぷたゆたっていて 私はそこにふかくふかく潜り込んでいって
出てくる暇がない、惜しい、というのか
思い出って そうやってひとりでゆっくり噛みしめておけばいいのだろうけど

2018.03.24 高知へ
岡上叔子さんのコラージュの生の迫力を感じに
思わず mille も久しぶりに読み返す
私は初期の作品(といっても全て6年間くらいの間に創られたものなんだけど)が好き

2018.04.07 星空JETTへ
VEGRECAさん主催の FUGAJIの「INSTRUMENT」 の上映会
言いたいことがあるから表現するんだけど あとは相手にゆだねる、その大きさ
パンクスはやさしい。と改めて思う
何十年も前だけど もうそこには 異なる意見を持つ人たちが お互いにリスペクトしあいながら前に進む ことが実現していた
もうすでにそういう世界があったし きっと今もあるんだから
世の中どうにか もっとどうにか良い方向にころっと傾かぬものか、、と思ってしまう

VEGRECAさん3周年おめでとうございます
私は数を数えることが苦手で数えることをやめてしまったけど
こういうのはめいっぱいお祝いしたい

2018.04.08 エマーソン北村さんのLIVEへ

失礼ながらなんにも知らないんだけど 知らないから行ってみた、「どうごや」さんでのLIVE
いろんな音が いっぱいいっぱい重なっていて いったいどうなっているんだろう、とてもよかった
そして 人がとっても温かかった、狼狽えてしまうくらいに
CDのジャケットに書かれている文章もとても良くて、電車を降り過ごしそうになる
今更ながら ほんほん蒸気の3号に寄稿されていることを知る(3号まだお取り扱いできていない…)
聴けもしないのに レコードを買ってしまった






[PR]
by geroken | 2018-05-01 14:00 | 日記 | Comments(0)

2018.03.11
今年も見ることができた カンタ!ティモール
愛媛にいながら
ほんとに有難いなぁと思う

何度見ても泣いてしまう
インドネシアの最大のスポンサーだった日本に 同じ痛みを知ってる国 と言ってくれること
土の中に埋めて文字通り必死で守り抜いた投票用紙 投票率は98%以上に達したこと
最後のアレックスの言葉 「新しいうたができたよ はやく会いにおいでよ」

ピカピカの笑顔で語る監督の広田奈津子さんの言葉
「悲しいことはもうじゅうぶんです」
「強いものって意外と脆いかもしれない」
「まんまと絶望しない」
「意識下では大きなことが起こっているのではないか」

広田奈津子さんから聴いた 東ティモールの人の言葉
「お前が見ている外側は お前の内側だ」
「命を落とすことよりも 魂が迷子になることのほうが 厄介だ」

(広田奈津子さんの言葉を聞きながら思い出していたのは「辺境ラジオ」にあった言葉
「私には祈ることしかできません」と善良な人たちが言うんだけど、「じゃあ一度本気で祈ってみようよ」と言いたい。
ほんと祈りの力って実はすごくて
毎日0.1ミリでもいいから推し進められているんじゃないかって そんなイメージをしてる)

自分の中に通してるので ちょっと言葉は違っているかもしれないけど
アレックスの言葉も受け取れたと思う
広田奈津子さんの口から聴けてよかった

大統領たる人が「大地を踏みしめて踊ろう」と言ってくれるなんて なんていいんだろうと思う

f0359927_11422342.jpg



















▲去年 橋の下世界音楽祭で聴いて歌って踊った エゴ・レモス


f0359927_11423030.jpg






















「平和とは暮らしそのもの」
「世界中の声なき声のために歌おう」

やさしくまっすぐに魂に届くこの映画が
もっともっと広がりますように







f0359927_11422785.jpg























”SHOES” vol.4
~歩こうわたしたちのLIFE 履こう学びのくつ~
2018年3月11日(日)
@ギャラリー喫茶池田屋
上映時間
①10:00②12:30③15:00
トークライブ
open17:30/start18:30

★2016年9月 2度目のカンタ!ティモール


[PR]
by geroken | 2018-03-12 11:45 | 日記 | Comments(0)

RUMBA.LOCO

2018.1.21(日)

新年早々 いいもの見ました

LIVE PAINTING!!!!

どうしてずっと見てるの とか 好きそうな色だね とか 絵だねとか
不思議そうに聞く人が不思議で
好みとか 好きとか嫌いとかじゃなくって
絵が生れ出る瞬間をどうして見逃せるの?って私からしたら単純な疑問

描いて 描いて 描き続けるひとたちは かっこいいです

内にバラバラなリズムを持った人たちが
外に響くおなじ音に動かされるそこからなにがどうなるんだろうと
目が離せるわけがない

いつも 自分自身になにかを突きつけられる空間は
あたたかくて 激しくて
なによりもLIVEだと思う



f0359927_18320255.jpg














RUMBA.LOCO
2018.01.21(日)
@Bar Caezar
LIVE PAINT:
BAKIBAKI
MON a.k.a Koutaro Ooyama
海野貴彦
佐々木DUB平
×
RUMBA.LOCO DJS



[PR]
by geroken | 2018-02-05 18:57 | 日記 | Comments(0)

RUMBA.LOCO at 久万高原

2017.11.19

海野さんがライブペインティングをするとうことで
久々だもの 行くでしょう
とてもとても寒かった 秋の日
久万高原へ












f0359927_15493141.jpg






















「朱欒(しゅらん)」という
伊丹万作さんや中村草田男さんによる同人誌が在ったということを知っただけで
うれしくなってしまった

シュらん2017」 は海野さんと西武アキラさんと八木良太さんの展示
”美術館”と名のつくところでの海野さんの展示を見るのは初めてかも
へえ え こういう風になるのかあ って
久万美術館 とても良いところで
近所にあったら ぷらぷら来てしまいそうな 狭さと開放感とちょうどいいバランスの場所

家の中には・・入れなかった
入ってこそ というのはわかってる わかってるんだけど
そんなにほいほい初めての家の中には上がれない 私みたいな客もいるでしょう
上がれないから客のままなのか・・
でも 外の櫓はちょっと登ったし
屋台で酵素ジュースも飲みました

冷たい空気を浴びながら
空の色も景色の色も絵の色も ぐいぐい変わってゆくのを逃さないようにしようと思いながら
音の中にいました

こんなに音が鳴っているのに
自分から飛び込んでいかなくては 聴くことができないんだろうか
音はいっぱい 世界中でいっぱいいっぱい鳴っているのになあ


でも 私の周りには 聴きたいと願えば聴かせてくれるアーティストが いてくれるので









f0359927_15493576.jpg





















”DO YOUR PART FOR THE RESISTANCE”






[PR]
by geroken | 2017-12-26 16:28 | 日記 | Comments(0)

もうすぐお寺市

青谷明日香さん のLIVEへ・・・
もう 知ったのは随分前
orangeの久子さんのblog
異端児の城 が紹介されてて その虜に
しばらくしてから 自分住んでいる町に歌いに来てくれるということで!
あれが3年前だって・・!
久しぶりのLIVEでした

松本一哉さんも行きたかったなぁ、、
ヨルチャのイルボンさんが
「彼は会いに来てくれるシャーマンだ」と紹介されてて
なにそれ行きたい
てなったんだけど、、もろもろ、、合わず行けなかった

そうだ、絵も増えました
村上千彩さんの個展に行って
はじめてひとつ買いました
前々から好きな線なんだけど
とにかくバイタリティあってたくさんの作品を創られている方なので
一つに決められずに今まできたんだけど
ようやくひとつ
ひとつ手元に来るとその先はスムーズな気がするなぁ、、

そんな村上さんのお寺で開かれる お寺市 は今週末です
ぜひ!

10/29日(日)10~16時
豊圓寺(ほうえんじ)境内にて
愛媛県伊予市下吾川1963
駐車場もあります

f0359927_17124743.jpg










f0359927_17125154.jpg










f0359927_17125330.jpg















表紙の猫が本屋さんしとるのがほんとに嬉しくて
がんばろうと思う

蛙軒(GEROKEN)
ちいさなちいさな新刊書店
OPEN 火木金 13時〜19時
HP:http://geroken.wix.com/mitsuhama
Web Shop:http://geroken.thebase.in
Twitter:https://twitter.com/nekochari325
Instagram:https://www.instagram.com/geroken325/
Mail:nekocycle★gmail.com



[PR]
by geroken | 2017-10-25 16:44 | お知らせ | Comments(0)

ぐるぐる

OKI さん !
OKI DUB AINU BAND 最高でした
岡山まで行ってよかった・・
はじまった瞬間
ひとつひとつの音がかっこよすぎて
なんなん〜 なんでこんな音 創り出せるんっ
気持ち良すぎて
もう ずっとずーーっと浸かってられたらいいのに って。

橋の下でも聴いてるんだけどな、、格別でした
音響とか演者とかいろいろあるんかなぁ




f0359927_10092490.jpg




















そして やっと聴けた otto&orabu !
セッティングの段階から 楽器に衣装に わくわく
ほんとは 地元鹿児島で聴きたいんだけど なかなかタイミングが合わなくて・・

知り合い といっても かつてほんとにすこーしだけ行き交った人、が、ステージの上でサポートをしていて びっくりっ
まさか こんなとこで再会するとは、、でした
映画も見たいとずっと思ってるんだけど 高知で上映会してたんだな、行けばよかったな







f0359927_10092135.jpg



















この一週間前には 久しぶりにRUMBA.LOCOがあって
大好きな音が鳴っていて
PICOさんのLIVEもよかったし、、

その前の 知久さんのワニサイLIVEも ほんとによかった な

ありがとう、9月
いっぱい詰まってる
またすぐにでもみんなの音 聴きたいなぁ
でも しばらくは 自分の中でずっと回そう
LIVEも日常も地続き 陸続き おんなじ時間の中です








[PR]
by geroken | 2017-09-30 10:24 | 日記 | Comments(0)

満月の夜に

珍しく 2週連続の ワニサイ

そうだー!
知久さんは虫みたいなんだ!って。
昆虫学会に参加されていた ということを聞いただけで。
それがどれくらい知久さんの中を占めているのかとか 大事なことなのかとか
そもそもなにをされているのかとか
全く知らないのに 勝手にそう思った。

もう ひとりで ひとつの 楽器みたいな人だなって。
開くと 物語が溢れ出す 一冊の本みたいな人。
身一つで 声と楽器と なんて清々しいんだろうて思っていたから。

身体全部で音を響かせる蝉ってぴったり!て思った。
ってなんにも知らないんだけど・・・

だんごむしの名前を教えてくれる知久さん
こ この子とこの子はどう違うん?
どこで見分けるん??
わたしにはさっぱりだったけど
見える人には
見ようとした人には 見える世界

名前はわかんないけど だんごむし 好きですよ
飼ったりしてましたよ
でね セシウムと少女が大好き
今年 橋の下も行ったんですよ
こっそり思う

暗闇ですっぽり浸かる音楽は とても気持ちがよくて
隠れられる場所あると 落ち着く

翌日も
ああ 知久さん よかったなぁ 知久さん
て なんども反芻してた











f0359927_15041713.jpg










"前衛的で大衆的"
BAKIBAKIさんてBAKI柄じゃないときはこういう絵なのかぁって新鮮




[PR]
by geroken | 2017-09-06 23:00 | 日記 | Comments(0)

imagine

QUE PASO 2017

〜2017.8.12.土〜

f0359927_14175983.jpg

















投げ銭箱◎
"お祭り"には 境界がありません

f0359927_14180740.jpg













EKD & DJ DOC.KOYAMANTADO !!

f0359927_14180413.jpg









 f0359927_14181131.jpg










漂着DECO は tomtomさん

食べ物、物販、WS いろいろ・・・

f0359927_14181946.jpg













2日目がメインの OT29☆
1日目もすこし描いてました。
なにか参考に見ながら描いてたなぁ、、なに見てたんだろう。て気になりながら。。
頭上には 協賛者の名前がずらり。



f0359927_14181650.jpg








〜2017.8.14.日〜

ヘアアレンジ もされていた沖縄から帰省している halconyさん

f0359927_14182588.jpg








東京から。
DJ KAZ SUDO & AMEMIYA KSK
知り合いではないので ドキドキしながら撮っている、、
うろうろ迷った挙げ句 帰る直前に「ありがとうございました」て挨拶したら
シャキッと丁寧に挨拶返してくれました


f0359927_14182213.jpg










お座敷のんびり感を倍増させてた 浮雲書店 & futur nostalgique
くつろぎすぎやろう、、なとこ撮ろうとしたら お客さん来られたらしく 立ち上がる二人。


f0359927_14475094.jpg










f0359927_14240914.jpg











f0359927_14235078.jpg











LIVE PAINTは 京都から OT29!!
絵が生れ出る「いま」が たのしくて たのしくて 一瞬たりとも見逃したくないなぁ、、ずーっと見てられるなぁ、、
なんて思いながら 外にいると5分で焦げそうだったので、
出ちゃあ入って出ちゃあ入って、、を繰り返しながら見てました。


f0359927_14235882.jpg








f0359927_14240009.jpg










LIVE写真があんまりなくて、、出店してるとなかなか撮れない、、
ほんとはもっと撮りたいんだけどな

嶋本慶 & 仙ちゃん

f0359927_14545162.jpg













トリの LOS CABRONES !!
EKDが三津に帰ってきてくれて LOS CABRONES を聴ける機会がぐっと増えました。嬉しい、うれしい。


f0359927_14235476.jpg









夜の 草の根音響が鳴らす DJフロアはすごいことになってた、みたい。。
一年に一度 地元に帰っての再会や、いま住んでいる土地での巡る出会い、、「QUE PASO?」「元気してた?」、
人もモノノケも踊っておどって ご先祖様と交わるお盆、
生き抜いてきたこれまで と 生きてゆくこれから を想ってまた歩いてく。

今年も ありがとう。

きっと来た人によって 出会った人も 見えたモノ も全然違うんじゃないかなぁ。。
それでも おなじ場所 で おなじ時間 を過ごしてたね ていう事実が集まって
なにかを動かす力になる、、
QUE PASOを10年間も続けてきた思い は ゆっくりゆっくり 前に進んでいってると思う。

大事なのはね 創造力だと 改めて思ったんです。







f0359927_14241433.jpg











蛙軒の出店はこんな感じでした。
テーブル忘れたり(あんなにがんばってテーブルクロスつくったのに!)、充電足りなくて一日目は電球が光らなかったり(あんなに紙風船ふくらましたのに!)、いろいろありましたが、、
私は 夏は 熱中症がとても心配なので、
みんなもっと水を飲んで! というわけで ハーブウォーター 出してました。
色が変わるミラクルウォーターにして、結構 好評だった、、のではないかと、、
でも そもそも お酒飲む人たちは 水なんて目もくれないね・・
お酒じゃ水分とれんのよーーー
て。まぁ いいか。
本を売るのは難しかったけど、こんなときにさらりと「すし通」なんて買ってゆく人がいて、か!かっこいい、、私もそんな人になりたい、、
出店はいつも。次はもっとああしよう こうしよう の繰り返しです。
次の出張本屋は 10月になりそうです。
また お知らせします。






















[PR]
by geroken | 2017-08-22 15:14 | 日記 | Comments(0)

ご機嫌

勝手に ややこしいことにされないようにしよう と思った

音があった
楽しかった
アリガトウ
またね

私たちは こんなにシンプル

痛みも 争いも いりません、、
ほんとは みんな そうなんじゃないん?
それって必要なん?
人間って やさしいんじゃないん?
こんなのきれいごとなん?

バックボーンが異なっていたとしても
たのしかったよ
一瞬で 私たちは 笑い合ってたよ
もう じゅうぶんだったよ

バルセロナの音が目の前で鳴っている
それは奇跡のようなことでもあり
当たり前のようなことでもあり

当たり前 が奪われないように

”ご機嫌だけは 奪われないように”
愛樹さんが言ってたな

”機嫌良うやんなさい”
いつかどこかですれ違った女の人が 電話で誰かに話しかけてたっけ

ご機嫌でいこう




f0359927_20553493.jpg
2017.06.04
RUMBA.LOCO

MICRO GUAGUA LIVE◎

@Bar CAEZAR












[PR]
by geroken | 2017-06-05 14:33 | 日記 | Comments(0)

聴こえてきたから

今年は・・・行かないよ?

て思っていたけど、「橋の下」という文字が踊り始めると・・・だめだなぁ、、

ルンバロコで 久しぶりにサカキマンゴーさんにお会いして、
「今年は ”橋の下”に 鹿児島勢が乗り込むから!」
て言われちゃって。
うわぁ なんだそれ!
そんなん聴いちゃったらね〜 だめなんだろうな。行くんだろうな。

永山さんの言葉が相も変わらずかっこよくて。
私の説明とかなーーんにもいらない、、、

今年もね・・・ → → 

→ → 橋の下世界音楽祭










[PR]
by geroken | 2017-05-22 17:02 | 日記 | Comments(0)