<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アルテリ五号 届きました

f0359927_15404686.jpeg























おおきな存在でした
朝 目が覚めたら 石牟礼さんのいない世界になっていました
生前に もっともっと近づいていなければならなかった なのに
亡くなられた途端 近くに感じられるような気もするから不思議です
身体から自由になったのだから 当然なのでしょうか
それでも やはり生前に・・・もっと もっと でした

まだまだ足りないことだらけの私は どうやったら 届けられるのだろうかと
頼りなくふらふらと佇むばかりですが

ただただ 読んで 引き継いでゆくしかないのだと思います

過去のことなどなにもないのだと
文学は なによりも 強いのだと
けれども 強さの誇示がしたいわけではないのだと、、
ひとりでも多くの人に 手渡せますように

ご冥福を心よりお祈り申し上げます





「石牟礼道子さんが亡くなられた。現代日本で最も大きな問いを生きた書き手の一人であり、真の意味における闘士だった。哀悼の意を表そうとする者は、祈りと共に、その書物を読むのがよい。そして読み続けるのがよいと思う。人は死の後も消えることがないとは、この稀代の詩人の確信だったからである。」
(若松英輔)

橙書店blog → 


f0359927_15405052.jpeg







































[PR]
by geroken | 2018-02-20 15:52 | お知らせ | Comments(0)

ギャベ

Gabbgh

言葉がわからないまま じっとひたすら見続けたのは はじめてだったかもしれない

随分前に読んだ 池澤夏樹さんの書かれた本の中に出てきたもの

[PR]
by geroken | 2018-02-19 11:57 | 日記 | Comments(0)

うた

森さんは「エピローグ」で、「最後の最後に少しだけ泣いた。」と言うけど私は「あとがき」を読んで、泣きそうになった。
何度も。何度読んでも。

 信じる根拠は何か?どうしてこうも楽天的でいられるのか?難しいことじゃない。人はどうしようもなく愚かだけど、同時にとても優しい存在であることを、ぼくは知っているのだから。あなただって知っている。視点を少しだけ変えればよい。背が高い人は屈めばよい。低い人は二階の窓から見下ろせばよい。前だけを見つめず、横を向いたり下を向いたり振り返ったり、いろんな角度や視点を試せばよい。きっと思いだす。自分が優しかったことを、皆が優しかったことを、世界がとても豊かであることを、僕らはきっと思いだす。
 僕は知っている。あなたも知っている。誰だって知っている。(p.256)

「放送禁止歌」の実体は何もなかったのだ。
大事なのは知ることだ。
ほんとうにそう思う。

森さんの 現実(いま)と向き合う時に鋭い姿勢と、相反するかのような優しい文章。

大事なことはそのすべてを見つめることだ。絶対に切り捨ててはならない。なぜならその曖昧さにこそ、人の優しさや世界の豊かさが息づいているのだから。(p.208)

神山さんが貸してくださった「ぽあん」という文芸誌に出てきた「竹田の子守唄」。
そこから読むことができた森達也さんの「放送禁止歌」、、


私はEKDの歌う「竹田の子守唄」が大好きで。
また違った気持ちで聴くことになるのかな。
でもなにも知らなくても。なにかが届いていたんだなぁと思う。
余りある歴史も気持ちも全部引き受けて歌う人の”うた”が届かないわけがなくて。
いつかは届く。きっと届く。届きますように。

作品が世界を変えるなどと僕は信じていない。でも作品に触れた人が、いつかは世界を変えてくれる可能性はきっとある。(p.255)




2016.11.12 『竹田の子守唄』Ver.1
@愛媛 松山 とぉから
Los Cabrones feat. Diego Iriarte(MATE POWER)










そして 石牟礼道子さんの訃報が・・・
まだこれ以上書けなくて。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます



[PR]
by geroken | 2018-02-15 18:39 | 日記 | Comments(0)

野草茶(ハーブティー)

出張本屋をするときに
ドリンクメニューで 野草茶(ハーブティー) を 出していたのですが
お寺市のときから 茶葉の販売もはじめました

あわせて 実店舗とWebShop での販売も◎

よろしくお願いします → BASE蛙軒

ブレンド茶が なかなか美味しくできていると思うのだけど
品切れ中で
とりあえずは 当帰単品の茶葉をアップしています

じょじょに増やしてゆけたら


f0359927_18320992.jpg











11月末に 畑をお返ししたので 庭が欲しい。と思いながら
庭付きの家を眺める日々です・・


もしくは
庭+お店
もしくは
庭+お店+住居

、、1歩進んで2歩下がる状態

気長に してもいられないのだけど 探し中です



そう 窓
窓もほしい




[PR]
by geroken | 2018-02-05 19:08 | お知らせ | Comments(0)

RUMBA.LOCO

2018.1.21(日)

新年早々 いいもの見ました

LIVE PAINTING!!!!

どうしてずっと見てるの とか 好きそうな色だね とか 絵だねとか
不思議そうに聞く人が不思議で
好みとか 好きとか嫌いとかじゃなくって
絵が生れ出る瞬間をどうして見逃せるの?って私からしたら単純な疑問

描いて 描いて 描き続けるひとたちは かっこいいです

内にバラバラなリズムを持った人たちが
外に響くおなじ音に動かされるそこからなにがどうなるんだろうと
目が離せるわけがない

いつも 自分自身になにかを突きつけられる空間は
あたたかくて 激しくて
なによりもLIVEだと思う



f0359927_18320255.jpg














RUMBA.LOCO
2018.01.21(日)
@Bar Caezar
LIVE PAINT:
BAKIBAKI
MON a.k.a Koutaro Ooyama
海野貴彦
佐々木DUB平
×
RUMBA.LOCO DJS



[PR]
by geroken | 2018-02-05 18:57 | 日記 | Comments(0)

ガリ版教室

2018.01.17(水)

ひるまの月 ガリ版教室
全三回終了しました

足を運んでいただいたみなさま ありがとうございました

文化教室がしたい という神山さんの声を受けて
完全に見切り発車で始まったかと思われた教室でしたが
神山さんの多大なるサポートのおかげで
みなさま 楽しんでいただけたんじゃないかと思います

私も外に連れ出してもらって 楽しかったです

ガリ版は
次は もっと力を入れてみよう
転がす回数を減らしてみよう
力を抜いてみよう
インクを足そう、減らそう、、、
自分の頭が動いていないとうまく刷れません

そして 立ってしゃがんでの全身運動・・!

「”汗をかくこと” ”汗をかいたこと” て大事なんじゃないかなぁ」
「料理も最初に野菜に塩をふっておくと美味しくなるでしょ」
高知から遊びに来てくれた小松商店のしぶきさんに ガリ版教室の話をしたら言われた言葉
汗と塩を繋げるとこがおもしろい・・

言葉足らずなところも多々あり 思うように刷れなかった方もいたかと思います
すみません
次は これも伝えよう、、
伝えるのは苦手だから 資料に書き足そう、、
なんて 次があるかはわかりませんが
また開催される際には よろしくお願いいたします


f0359927_18314488.jpg












小粒舎さん お休みの日に場所を貸していただき ありがとうございました


f0359927_18314895.jpg












誰よりも真剣に 試行錯誤して刷っていた神山さん









________________________
ガリ版は 蛙軒でも随時 使用できます
@愛媛県松山市三津3−2−5蛙軒
OPEN 火木金+第1・3水 13:00〜19:00

ガリ版(謄写版)使用料金 500円
(ロウ原紙 1枚
印刷用紙 10枚
10枚分のインク代
そのほか諸々、、ラップ、新聞紙、道具のクリーニング代 込み)

*詳しくはお問い合わせください


[PR]
by geroken | 2018-02-05 18:00 | お知らせ | Comments(0)

幻獣博物館

2018.1.7.日

ひたすら引き篭もっていた冬休みを脱出して
因島の矢野ミチルさんの個展へ

昨年は 結局一度も個展を見ていないので 久々でした
3月のプルタタとのライブ以来・・?!

ずっと球体作品を見たいと思っていて
今回のメインは 球体より 立体とか 変化を遂げた絵 のほうなんだろうけど
真剣に球体を選んで帰ってきました

f0359927_18311228.jpg














窓ガラスの絵もよかったなあ


f0359927_18311804.jpg












ちなみに ルリヲンの太陽のマークもミチルさんが手掛けていて
どういった経緯でそうなったのかは全然聞いてないんだけど
いずれ 自分たち"チイサイカイシャ"も 因島でブックカフェ開くって言ってるのに・・
そこでのカフェメニューはきっとカレーになるんじゃないん・・
なのに こうやって先に 他のカレー屋さんのために描いちゃうところがなんともミチルさんだなぁと思う、、



f0359927_18312787.jpg

















ライティングのダメ出しを受けているところ

f0359927_18312181.jpg












結局 大樹くんも呼び出してくれて
ミワコさん ゆもちゃん タカちゃん 尾道家族の台所の出店後に駆けつけてくれて!
うれしかったです

その後も ぞくぞく人が来たのだけど そんなんずっとおれんなぁと思って帰りました

元々が・・すっごく仲がいいとかではないのでね・・?
いまだにちょっと緊張するんだけど
「今日が最終日みたい(にうれしい)」と言ってくれてて
やっぱり 行ってよかったーー と思いました

またいろんな場所での絵 見たいなあ

そうそう カレー! 美味しかった
絵を見ながら食べる贅沢ね
f0359927_18310884.jpg










先に 尾道家族の台所 にも寄って タッカリーも食べていたから カレー三昧
どちらも おいしかっ た!
カレーって あるとなんでこんなに嬉しいのでしょう、食べてしまう。。
すべてはカレーだ!とか思っていた時期もあったっけ

紙片さんにも 3回目くらいの訪問になるのかな
「未明」 買えました

それから!
この一週間後の コミセンの出店のときに
ミワコさん サブちゃんが遊びに来てくれてて!
とってもうれしかった
近くに住んでいようとも会わない人たちとはずっと会わないまんまなのにね
2週連続 因島の人たちと 会ってる不思議
も少し 外に出て行かないとねえー と思いながらすでに引き篭もりつつある2018年




幻獣博物館
@ しまなみカレールリヲン
(広島県 尾道市 因島土生町1899)
2017.12.22(金)〜2018.1.8(月)
定休日 12/26,27 1/4
◯ランチ営業 11時〜15時
★夜営業 金,土のみ17時〜22時
●日曜日 17時までランチ


[PR]
by geroken | 2018-02-05 17:47 | 日記 | Comments(0)