カテゴリ:日記( 95 )

雑記

なにも書かないうちに どんどん時間が過ぎていく
どんどん っていうのは 早い っていうのとはまた違って、
むしろ時間はたっぷりたぷたぷたゆたっていて 私はそこにふかくふかく潜り込んでいって
出てくる暇がない、惜しい、というのか
思い出って そうやってひとりでゆっくり噛みしめておけばいいのだろうけど

2018.03.24 高知へ
岡上叔子さんのコラージュの生の迫力を感じに
思わず mille も久しぶりに読み返す
私は初期の作品(といっても全て6年間くらいの間に創られたものなんだけど)が好き

2018.04.07 星空JETTへ
VEGRECAさん主催の FUGAJIの「INSTRUMENT」 の上映会
言いたいことがあるから表現するんだけど あとは相手にゆだねる、その大きさ
パンクスはやさしい。と改めて思う
何十年も前だけど もうそこには 異なる意見を持つ人たちが お互いにリスペクトしあいながら前に進む ことが実現していた
もうすでにそういう世界があったし きっと今もあるんだから
世の中どうにか もっとどうにか良い方向にころっと傾かぬものか、、と思ってしまう

VEGRECAさん3周年おめでとうございます
私は数を数えることが苦手で数えることをやめてしまったけど
こういうのはめいっぱいお祝いしたい

2018.04.08 エマーソン北村さんのLIVEへ

失礼ながらなんにも知らないんだけど 知らないから行ってみた、「どうごや」さんでのLIVE
いろんな音が いっぱいいっぱい重なっていて いったいどうなっているんだろう、とてもよかった
そして 人がとっても温かかった、狼狽えてしまうくらいに
CDのジャケットに書かれている文章もとても良くて、電車を降り過ごしそうになる
今更ながら ほんほん蒸気の3号に寄稿されていることを知る(3号まだお取り扱いできていない…)
聴けもしないのに レコードを買ってしまった






[PR]
by geroken | 2018-05-01 14:00 | 日記 | Comments(0)

春を祝う

桜の花の下では 人間だけじゃなくて鳥もとてもにぎやかで。
人を見捨てていないのは 猫だけじゃなくて鳥もかなって もうすこし鳥にも近づいてみたいと思い始めた。
ムクドリかな?ヒヨドリかな?って わからなかった鳥は 嘴が黄色いからたぶんムクドリだということに。
モズとツグミも ムクドリを指すんだなぁ。

f0359927_10011151.jpg
















f0359927_10010848.jpg
























[PR]
by geroken | 2018-04-08 10:04 | 日記 | Comments(0)

聞かれること

まだまだ寒かった頃
なるべく私の存在は消していたいのだと
お店の全体写真も載せたくないのだと
取材のために来られた人からしたら 面倒くさい人だろうなあ私・・てことを 言いました

とってもよく聞かれること

「全部 読んでるんですか?」
、、、読んでいない本もあります
私が読んだことのある本を置くだけでは つまらないと思っています
なるべく分けたりしたくないと思っています

けれども

「あなたがセレクトした本ということですか?」
「あなたが選んでいるんですか?」

、、、どうしてもそうなってしまいます
私 しかいないので そうなります
私というフィルターは どうしても通ってしまいます

私にとって 取材とはとてもセンシティブなもので
聞かれるたびに 悔しさ・・なのかな
歯がゆさ もどかしさ を感じてしまう
みんなは なんともないのかな
こうですっ と言い切れる確固たるものが 私にはないのか
あるから 本を売っているのだと思うのだけど おかしいな、、
いつも向き合って 考え続けている のは確かなのだけど

大事にしたいことがあります
すぐに言葉にできないからこそ 創っています、日々、日々、、、
いろんな人の思いを抱えて いろんな工程の果てに出来た本が 今ここ 目の前に在って
まずは 見て 感じてほしいと思うのは 我が儘かな

そんなことしてる暇はないのよ いそがしいのよ って・・?



気持ちは変わる
いま 思っていること










[PR]
by geroken | 2018-04-01 13:39 | 日記 | Comments(0)

2018.03.11
今年も見ることができた カンタ!ティモール
愛媛にいながら
ほんとに有難いなぁと思う

何度見ても泣いてしまう
インドネシアの最大のスポンサーだった日本に 同じ痛みを知ってる国 と言ってくれること
土の中に埋めて文字通り必死で守り抜いた投票用紙 投票率は98%以上に達したこと
最後のアレックスの言葉 「新しいうたができたよ はやく会いにおいでよ」

ピカピカの笑顔で語る監督の広田奈津子さんの言葉
「悲しいことはもうじゅうぶんです」
「強いものって意外と脆いかもしれない」
「まんまと絶望しない」
「意識下では大きなことが起こっているのではないか」

広田奈津子さんから聴いた 東ティモールの人の言葉
「お前が見ている外側は お前の内側だ」
「命を落とすことよりも 魂が迷子になることのほうが 厄介だ」

(広田奈津子さんの言葉を聞きながら思い出していたのは「辺境ラジオ」にあった言葉
「私には祈ることしかできません」と善良な人たちが言うんだけど、「じゃあ一度本気で祈ってみようよ」と言いたい。
ほんと祈りの力って実はすごくて
毎日0.1ミリでもいいから推し進められているんじゃないかって そんなイメージをしてる)

自分の中に通してるので ちょっと言葉は違っているかもしれないけど
アレックスの言葉も受け取れたと思う
広田奈津子さんの口から聴けてよかった

大統領たる人が「大地を踏みしめて踊ろう」と言ってくれるなんて なんていいんだろうと思う

f0359927_11422342.jpg



















▲去年 橋の下世界音楽祭で聴いて歌って踊った エゴ・レモス


f0359927_11423030.jpg






















「平和とは暮らしそのもの」
「世界中の声なき声のために歌おう」

やさしくまっすぐに魂に届くこの映画が
もっともっと広がりますように







f0359927_11422785.jpg























”SHOES” vol.4
~歩こうわたしたちのLIFE 履こう学びのくつ~
2018年3月11日(日)
@ギャラリー喫茶池田屋
上映時間
①10:00②12:30③15:00
トークライブ
open17:30/start18:30

★2016年9月 2度目のカンタ!ティモール


[PR]
by geroken | 2018-03-12 11:45 | 日記 | Comments(0)

またね

最後の最後まで 素っ頓狂な猫でした

ただただ 生きたのだと思います

指先の動きや視線の先に猫が残っていて どうしようもなく寂しいけど

またね 元気でね っておかしいかな・・

ありがとね

窓を開けるタイミングもわかんなくて 笑ってしまう、今日で7日

f0359927_11572149.jpg




















f0359927_11572517.jpg























[PR]
by geroken | 2018-03-12 10:30 | 日記 | Comments(0)

ギャベ

Gabbgh

言葉がわからないまま じっとひたすら見続けたのは はじめてだったかもしれない

随分前に読んだ 池澤夏樹さんの書かれた本の中に出てきたもの

[PR]
by geroken | 2018-02-19 11:57 | 日記 | Comments(0)

うた

森さんは「エピローグ」で、「最後の最後に少しだけ泣いた。」と言うけど私は「あとがき」を読んで、泣きそうになった。
何度も。何度読んでも。

 信じる根拠は何か?どうしてこうも楽天的でいられるのか?難しいことじゃない。人はどうしようもなく愚かだけど、同時にとても優しい存在であることを、ぼくは知っているのだから。あなただって知っている。視点を少しだけ変えればよい。背が高い人は屈めばよい。低い人は二階の窓から見下ろせばよい。前だけを見つめず、横を向いたり下を向いたり振り返ったり、いろんな角度や視点を試せばよい。きっと思いだす。自分が優しかったことを、皆が優しかったことを、世界がとても豊かであることを、僕らはきっと思いだす。
 僕は知っている。あなたも知っている。誰だって知っている。(p.256)

「放送禁止歌」の実体は何もなかったのだ。
大事なのは知ることだ。
ほんとうにそう思う。

森さんの 現実(いま)と向き合う時に鋭い姿勢と、相反するかのような優しい文章。

大事なことはそのすべてを見つめることだ。絶対に切り捨ててはならない。なぜならその曖昧さにこそ、人の優しさや世界の豊かさが息づいているのだから。(p.208)

神山さんが貸してくださった「ぽあん」という文芸誌に出てきた「竹田の子守唄」。
そこから読むことができた森達也さんの「放送禁止歌」、、


私はEKDの歌う「竹田の子守唄」が大好きで。
また違った気持ちで聴くことになるのかな。
でもなにも知らなくても。なにかが届いていたんだなぁと思う。
余りある歴史も気持ちも全部引き受けて歌う人の”うた”が届かないわけがなくて。
いつかは届く。きっと届く。届きますように。

作品が世界を変えるなどと僕は信じていない。でも作品に触れた人が、いつかは世界を変えてくれる可能性はきっとある。(p.255)




2016.11.12 『竹田の子守唄』Ver.1
@愛媛 松山 とぉから
Los Cabrones feat. Diego Iriarte(MATE POWER)










そして 石牟礼道子さんの訃報が・・・
まだこれ以上書けなくて。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます



[PR]
by geroken | 2018-02-15 18:39 | 日記 | Comments(0)

RUMBA.LOCO

2018.1.21(日)

新年早々 いいもの見ました

LIVE PAINTING!!!!

どうしてずっと見てるの とか 好きそうな色だね とか 絵だねとか
不思議そうに聞く人が不思議で
好みとか 好きとか嫌いとかじゃなくって
絵が生れ出る瞬間をどうして見逃せるの?って私からしたら単純な疑問

描いて 描いて 描き続けるひとたちは かっこいいです

内にバラバラなリズムを持った人たちが
外に響くおなじ音に動かされるそこからなにがどうなるんだろうと
目が離せるわけがない

いつも 自分自身になにかを突きつけられる空間は
あたたかくて 激しくて
なによりもLIVEだと思う



f0359927_18320255.jpg














RUMBA.LOCO
2018.01.21(日)
@Bar Caezar
LIVE PAINT:
BAKIBAKI
MON a.k.a Koutaro Ooyama
海野貴彦
佐々木DUB平
×
RUMBA.LOCO DJS



[PR]
by geroken | 2018-02-05 18:57 | 日記 | Comments(0)

幻獣博物館

2018.1.7.日

ひたすら引き篭もっていた冬休みを脱出して
因島の矢野ミチルさんの個展へ

昨年は 結局一度も個展を見ていないので 久々でした
3月のプルタタとのライブ以来・・?!

ずっと球体作品を見たいと思っていて
今回のメインは 球体より 立体とか 変化を遂げた絵 のほうなんだろうけど
真剣に球体を選んで帰ってきました

f0359927_18311228.jpg














窓ガラスの絵もよかったなあ


f0359927_18311804.jpg












ちなみに ルリヲンの太陽のマークもミチルさんが手掛けていて
どういった経緯でそうなったのかは全然聞いてないんだけど
いずれ 自分たち"チイサイカイシャ"も 因島でブックカフェ開くって言ってるのに・・
そこでのカフェメニューはきっとカレーになるんじゃないん・・
なのに こうやって先に 他のカレー屋さんのために描いちゃうところがなんともミチルさんだなぁと思う、、



f0359927_18312787.jpg

















ライティングのダメ出しを受けているところ

f0359927_18312181.jpg












結局 大樹くんも呼び出してくれて
ミワコさん ゆもちゃん タカちゃん 尾道家族の台所の出店後に駆けつけてくれて!
うれしかったです

その後も ぞくぞく人が来たのだけど そんなんずっとおれんなぁと思って帰りました

元々が・・すっごく仲がいいとかではないのでね・・?
いまだにちょっと緊張するんだけど
「今日が最終日みたい(にうれしい)」と言ってくれてて
やっぱり 行ってよかったーー と思いました

またいろんな場所での絵 見たいなあ

そうそう カレー! 美味しかった
絵を見ながら食べる贅沢ね
f0359927_18310884.jpg










先に 尾道家族の台所 にも寄って タッカリーも食べていたから カレー三昧
どちらも おいしかっ た!
カレーって あるとなんでこんなに嬉しいのでしょう、食べてしまう。。
すべてはカレーだ!とか思っていた時期もあったっけ

紙片さんにも 3回目くらいの訪問になるのかな
「未明」 買えました

それから!
この一週間後の コミセンの出店のときに
ミワコさん サブちゃんが遊びに来てくれてて!
とってもうれしかった
近くに住んでいようとも会わない人たちとはずっと会わないまんまなのにね
2週連続 因島の人たちと 会ってる不思議
も少し 外に出て行かないとねえー と思いながらすでに引き篭もりつつある2018年




幻獣博物館
@ しまなみカレールリヲン
(広島県 尾道市 因島土生町1899)
2017.12.22(金)〜2018.1.8(月)
定休日 12/26,27 1/4
◯ランチ営業 11時〜15時
★夜営業 金,土のみ17時〜22時
●日曜日 17時までランチ


[PR]
by geroken | 2018-02-05 17:47 | 日記 | Comments(0)

3つ

出かけ先で見かけた布が 木版更紗だった
のに後押しされて買ってしまった
1ヶ月前に悩んだ末に諦めていた3つの木版
インドから渡って来たと思えば 悩むようなお値段でもなかったのにね
ついに私の手元に

ああ あの離れの窓際に居る彼女は多分知り合いだ
と思いながら本を読んでいた



f0359927_18313778.jpg






f0359927_18314122.jpg













[PR]
by geroken | 2018-01-30 18:37 | 日記 | Comments(0)