2018年 01月 30日 ( 3 )

かんばん

かんばん ているのでしょうか

私は要らないと思ってた

密やかな場所だから できること
気づいてもらわないと できないこと

板挟みの果てに つくってみました

と 写真を載せようかとおもったんだけど、、、やめました

どうぞ 歩いて見に来てもらえたら
なんて こんなに寒いのにね
あったかく あったかく していないといけません

もうすこし いろいろと 考え中。。

いや その前に
そもそも かんばん あったんですよ?
でも みんなから ない と言われるそれは ない んだろうな

ひとつぼ さん どうも どうも ありがとうございました

大事に 掲げます


















[PR]
by geroken | 2018-01-30 18:51 | お知らせ | Comments(0)

3つ

出かけ先で見かけた布が 木版更紗だった
のに後押しされて買ってしまった
1ヶ月前に悩んだ末に諦めていた3つの木版
インドから渡って来たと思えば 悩むようなお値段でもなかったのにね
ついに私の手元に

ああ あの離れの窓際に居る彼女は多分知り合いだ
と思いながら本を読んでいた



f0359927_18313778.jpg






f0359927_18314122.jpg













[PR]
by geroken | 2018-01-30 18:37 | 日記 | Comments(0)

渡り

1月
普段は見かけない黒い鳥が来ていた
渡り かなあ?

渡り鳥のことを 渡り と呼ぶのだということも
ワシは渡りだったのだということも
初めて知る
梨木香歩さんの本を読みながら

去年はあまり繰り返して読むことはなかったけれど
今年は 新しい本も 過去に読んだ本も また
読む気がしている

梨木さんの文章が好きだ。と思う



遠い 遠い まぼろしのような
北海道で10代の私が出会ったあの白鳥たちも
ながいながい旅の果てに辿り着いたところだったんだと
場所も時間も超えてその尊さを受け取る


f0359927_18315248.jpg













「渡りの足跡」梨木香歩 新潮文庫

[PR]
by geroken | 2018-01-30 18:20 | 日記 | Comments(0)