フリーペーパーの続きの話

最近 読んだ本から。何処かへ行きたい欲・・・!

「人生は美しい風景や建物、うまい食べ物や酒、土地の人の情、などだけから成っているわけではないだろう。
その土地を拠点としてものが見えること、世界のからくりがわかること、が大事なのだ。人間を知るにはどこに住んでもいいだろうが、世界を知るのには戦略的な拠点がある。そして今のところぼくは人間よりも世界という言葉の方に惹かれている。」
「異国の客」池澤夏樹

蛙軒にある池澤さんの本はこちらです。
終わりと始まり
世界一しあわせなタバコの木。
古事記
日本文学全集はBASEに載せていないものもありますので、お問い合わせください。


最近はとかく姜さんを読んでいました。「はじまれ」、「はじまりはじまりはじまり」、「声」、、、もっと聴きたい。
生きとし生ける空白の物語
死ぬふりだけでやめとけや  谺雄二詩文集


鎌倉の出版社「港の人」さんの本、やっと何冊か入荷できました。
「いま、生きる、ことの”切実”を問う出版社」、、読むたびはっとさせられて。途切れずにもっと入れていきたいし。いろんな人に読んでほしい、のに。いろんなことができていなくて。
ジャム煮えよ
頭の底のさびしい歌
世界 ポエマ・ナイヴネ
ブラジルから遠く離れて 1935-2000
渡辺のわたし 新装版
胞子文学名作選
ほかにもあります。


アルテリ二号も再入荷しました!
熊本発の文芸誌です。
四国では今のところ 愛媛・蛙軒と、高知のうずまき舎さんのみのお取り扱いとなっているようなので、ぜひぜひお買い求め頂けたらと思います。
ブックマルシェでもお問い合わせ頂いたのですが、アルテリの創刊号は完売したそうです。
そう なんだよね、雑誌って、そう、、だからこそ、価値がある。
「アルテリ」とは「職人の自主的な共同組織」。
この言葉を刻んで、私もひとり 粛々と 足を動かしたい。
アルテリ二号


最近 読みたいのはアディーチェの新刊!アメリカーナ!早く読みたいな。
アメリカにいる、きみ
いろんなことがぼけてしまっているけど、そもそも物語が生まれる理由って、物語を書こうって思う理由って、こうだったんだろう。


たまには、本の紹介をしてみました。








詩が失われたなら、人間は本当におしまい。詩だけが、文学こそが、人間であることの問いを千年先まで運ぶのだから。
「声」姜信子




[PR]
by geroken | 2016-11-17 16:28 | お知らせ | Comments(0)