日常で旅する

”おそらく刺激や興奮や新たに得られた知識の量を測定してゆけば、

その数値がぐんと高まる状態を「旅」、

低く安定した状態を「日常」と、

呼びわけることができるのかもしれない。”




「狼が連れだってはしる月」 菅啓次郎

by geroken | 2015-02-20 16:44 | 日記 | Comments(0)