人気ブログランキング |

微花

雑誌から絵本に生まれ変わる その言葉がとても良くて・・
思いきってお声がけして届いた微花

お花を追いかけてたら一年が終わると 笑い合ったときを思い出す
名前を知ることで いつもの道が格段に色を増す喜び 知ることで言葉になってしまう寂しさ 両方抱えて生きてく


うちには 祖父からもらったランがある イチョウがある
曾祖母が育てていた庭桜もある 百合もある
その土からは かつて幼いころに目にしていた コケやシダや草々が生えてきて小さな庭のよう
植物はなんでも聞いていて そのDNAは脈々と受け継がれているらしい
寡黙でおとなしくて小さかった曾祖母のぐちも 聞いていたんだろうか 覚えているんだろうか
なんてことを思ったのは 梨木さんの「沼地のある森を抜けて」を読んだときだった

昨年の冬 実家から彼岸花を掘り起こして持って帰ってきた
眠っている球根 つまりはただの土に水をあげつづけて秋
突然 芽がすっくと出てきたかと思うと そのままにょきにょきまっすぐ伸び続けて
ほんとうに お彼岸の頃に花を咲かせたのだ
驚くべきはその後で
花が枯れた後に 葉っぱがわさわさ出てきて そのまま二度目の冬を越し 最近ようやく枯れ始めたところ
こんなに緑の期間が長いなんてね




“咲かなかったのは、誰にとってもひとしなみの境遇ではなく、ごまかしようのない私の無力だとさらにさとった”
”より見えた、と思ったときから、より見える、より見える、と見ていくうちに、いつからか、名ざせるものばかりを名ざして、他が見えなくなっていたのか。”
微花 1/春

”人生とは、解決すべき問題ではなく、味わうべき神秘なのだ。とは、キルケゴールの言葉だった。”
”ひと駅の寸暇に読める言葉に、世界は一変する。”
微花 1./秋





# by geroken | 2019-04-26 18:56 | 日記 | Comments(0)

花の名前

小学生のとき覚えた花の名前の中で いちばん長い名前だった リビングストンデージー
繰り返し唱えては それだけで楽しかった

f0359927_18590320.jpg

# by geroken | 2019-04-16 19:00 | 日記 | Comments(0)

「にきた津」

 1月にオチさんが「にきた津」についての本を貸してくださった。12月にお会いしたときにした「にきた津」のことが気になっているという話を覚えていてくださったんだなと、嬉しい。
 松本常太郎さんが書かれた「郷土叢書 にきた津」。発行は昭和29年!ふ と疑問を口にしたら、こんなピンポイントな本を差し出してもらえる。更に、資料をもうひとつ。この本を参考にして書かれた「三津界隈はええとこぞなもし」の中から、「にきた津」について言及されているところのみ抜き出してくれていた。昔の本が現存していて読めるということもありがたいけど、後世の人がこうやってわかりやすくまとめてくれたものも、ありがたい。
 どちらも自分の手に渡ってくれたことに感謝しつつ、久枝神社や宮前小、、いわゆる"川向う"歩いてみないとなぁと思う。三津に引っ越してきて数年経ったけど、意外と歩き回る範囲は狭い。

 同時に、かつて三津浜に住んでいた作家、伴野朗さんが書かれたエッセイのコピーも頂く。松山の人で、こんなこと言ってくれる人いるんだ、、って、外部から来た私が常々思っていたことが書かれていて、、。本当に、伴野さんの言うところのこの"魔力"に、何度も何度も倒れそうになるんだ。それは、何処に行ってもそう思うのかもしれないし、此処にいるから思うのかもしれない、、わからないけれど。
 早速(早速、じゃないか、、桜が咲いとるっ・・)、伴野さんの著作の中から「上海遥かなり」を読んでみました。

f0359927_19234173.jpg


































f0359927_19235059.jpg







































# by geroken | 2019-04-12 19:20 | 日記 | Comments(0)