かがみの孤城

辻村深月さんの「かがみの孤城」を一気に読む。森絵都さんの「みかづき」を読んだときにも思った。いまを生きる10代に向けて、小説家が今持っているすべての力を出し切って放たれた物語の強さ、、。力強く手を引いてくれている。届け、と願う。

[PR]
# by geroken | 2018-12-27 17:43 | 日記 | Comments(0)

20191108

青葉市子さんのライブへ。唄の前にギターがあるのが、心地よかった。妖精みたいとか、夢みたいとか、ではなくて、私にはどうしたって、人間で、現実。一音一音が身体の中で木霊する。ここが現実。逃さず摑まえる。
山田庵巳さんのカバーがよかったな。コスモシアターの亀吉がかわいい。

[PR]
# by geroken | 2018-11-08 16:11 | 日記 | Comments(0)

20181104

松山ブックマルシェ。いつもいつもおなじブースにいるのに、初めて某書店さんとお話ししたのが印象的。キキさんがあいかわらずムードメーカーでした。
話の途中にふっと「やめても誰も困らないのになにをやっているんだろうと思う」と口をついたけど。それはほんとによく思うことだけど、その後すぐに、でも誰かからの評価のためにやっているわけじゃないしな、と思い返す。それもほんとう。きっと、蛙軒という場所がなくなっていちばん困るのは自分だ。

[PR]
# by geroken | 2018-11-04 16:11 | 日記 | Comments(0)