「わしの研究」を出版されたばかりの 神山恭昭さん が
「本の雑誌」の7月号の「本好きのための旅行ガイド」特集 で
”四国” を担当されています。

蛙軒も ”極小書店” として チイサク紹介して頂きました。

神山さんの『「二泊三日四国旅行」なりきり旅絵日記』、、
本への愛情溢れ、地図もあり(旅のしおりには必要だと思う)、方言が入り混じり、手書き文字のあたたかみがあり、
ひときわ異彩を放っておりました。

ぜひ 書店でお買い求めください。
蛙軒ではお取り扱いなくすみません・・
と、書いているそばからごく僅かですが、販売できることになりましたので、蛙軒でも買って頂けます◎)

「わしの研究」は蛙軒でも販売中ですので ぜひ。
通販も承ります よ。

常にクリエイティブな視点を離さない神山さんは、とても”闘っている人”だと 私は思います。
神山さんから紡がれた物語は とてもやさしく、そして、
"日常"をとことん味わい尽くしてやろうという気概に満ちているところが、私は好きです。

港町として栄えた三津浜は、
古くからさまざまなものが行き交ってきたのだと思います。
そんなトランジット空間で1冊の本を求めて頂き、旅に出て、また帰ってきてくださったことが、とても嬉しかったです。


f0359927_14542264.jpg




そして、坂口恭平さんの「God is Paper」到着!

鹿児島の NEW ALTERNATIVE の出版レーベル ISI PRESS から発売されたばかり。

2015年の秋に NEW ALTERNATIVE が鹿児島にできたことを知って
わあ!鹿児島にこんな場所がっ と嬉々として帰省時に訪れたのが2016年の1月。
そこは高校のときの通学路といってもいいような場所で。(厳密に言うとやや外れるんだけど)
いいなぁ いいなぁ 私が高校生の頃にこんな場所があったらなぁ 寄り道したかったなぁ って。
「全く別の、他の何者でもない」—。
もうその言葉だけでやられちゃって。
鹿児島にこんな場所あるんだよ ていうのが密かな誇り。

そう、そして、坂口恭平さんのGod is Paper!
私にとっては 恭平さんが 書いて描いて書き続けてくれているのは とても、、安心?うれしい?ことで、
なんなのかな、これは。なんでこんなに響くのかな。でもそんなんわけわからんままでいいんだろうな。
”理由はないけど”ていうのが 結局いちばん強かったりするんだろうな。
なんて、こんなに語っていたら私、恭平さんのこと、大好きな人みたいだな、、、そういうわけでは、ないんですよ。て失礼か。

熊本で「なんか書けよ」て言っていた恭平さんは、この世をサバイブしていくための唯一の手段。真理。みたいなことを伝えてくれていたんだなと改めて思います。

300ページ近くに及ぶ 自称麻薬的絵画小説です。
3900円(+税)で発売中ですので ぜひ。





どうして、神山さんの本と並べて販売しているのかというと、
神山さんの口からふっと「坂口恭平」という名前が出てきたことがあって。
驚いた私が 「神山さん、坂口恭平とか読まれるんですか・・っ?!」と聞くと、
「いやぁ 読まんです。」
でも展示を見たことがあるとかで、
「モバイルハウスとかいうのをやってるでしょう。私の方が先に携帯用別荘ていうのをやっているんですよ。なのに向こうの方が有名だし。」
(心の中の舌打ちが聴こえた)
もうそれがなんだか可笑しくて。ツボにはいってしまい、、
並べて置いてみました。










[PR]
by geroken | 2017-06-21 15:15 | 日記 | Comments(0)

春は南からやってくる

新年です
猫のように夢うつつ、、
真剣に見つめて 全身で聴きたい、、

故郷で見る黄色は 気持ちよさも愛おしさも 愛媛で見るそれとは違う気がしました

f0359927_14220971.jpg


去年、だったかな
桜島を見ておっきいなぁて。初めて思って。それがとても、さびしかった。
私にはこの大きさが、風景が、あたりまえだったのに。
人のように 山のご機嫌をうかがってた。
人のように 風の行方を気にしてた。
そんな毎日はいいものだったと しみじみ思います。

f0359927_14230492.jpg



NEW ALTERNATIVE さんでの「恐竜がいた」展、、
ほんとに恐竜がおった。
読んで、触って、見て、飛び跳ねて、、自分の中でぴょこぴょこ動き出す生き物と一緒にね、ぴょこぴょこしてきた、
たのしかった。

今年も どうぞ よろしくお願いいたします



[PR]
by geroken | 2017-01-10 13:53 | 日記 | Comments(0)

到着した人

ちょっとずつ振り返って、、


まず ブックマルシェ。
えらいむかしのことみたい、、
アルテリをね、売ってたんです。
まぁ でもさぁ 気づかないよね、素通りだよね、、な中で、
福岡の徘徊堂さんが、真っすぐこっちに歩いてきて「ください!」て言ってくれたこと、
香川のなタ書のキキさんが、「橙書店のためにも買ってくださいよ」てさくっと自分とこのお客さんに言ってくれたこと、
が嬉しかったです、ほんと。
いや、他の本が売れても嬉しいんだけどでもね、このときはちょっと特別、まだまだ心が波立っててやっとかっとだったから、、このことを嬉しかったーて思わせてください。


それから、、ひろがる音楽会。
マンゴーさんね、去年、松山に久しぶりに来たんです、ライヴをしに。
それに前々からファンで、ライヴも何度も行っているというホオルのヒサミさんを誘って行ったわけです。
私はマンゴーさんのことは、鹿児島、、スワヒリ語、、となんだか気にはなっていたけど、初ライヴでした。
それから一年だよ、すごいねぇ、来てくれたねぇ、よかったねぇて、うん、よかったねーーーて思いながらの出店でした。
マンゴーさんが本を見ていてくれたとき、いつものごとく私はこそっとひそっと後ろから眺めていたんだけど、
ワニとサイのタカさんが、「マンゴーさん、これ、良いですよ」て「アライバル」を薦めてくれて、そしたらマンゴーさんが「これ ください」て、、
え、え、え、そうなの?、そうなのかぁ〜て、
私は本棚の前ではひとりでいいじゃない、と思っているし、
もしも行きつけの喫茶店で「いつもありがとう」とか言われた日には「ごめんなさいっもう来ませんっ」てなるタイプなので、
お客さんはそっとしといてしまうんだけど、
そうなのかぁ〜、、話した方がいいのかな、て、思ってしまった、、。

あとね、北海道、鹿児島、静岡、奈良、台湾、、いろんなみーんなでテーブル囲んで食べた「あくまき」、、こういうこと全然得意じゃない、逃げてしまう私でも、大事な思い出になりました。ありがとう。

ゴールデンウィーク明けてしばらくなんにもないかもなぁて思っていたら、興居島に誘われ、のさりに誘われ、、「本」が呼んでもらえるのはありがたいです。

そしてほんとに今度こそしばらくなにもないのかしら と思っていたけど、またお出かけするかも、、。


21日には、先ほどの…ワニとサイのタカさんが主催してる上映会がシネマルナティックであります。
三宅洋平さんの「選挙フェス!」
私は三宅さん支持者というわけではないんだけど、、いろい〜ろと思うことはあるんだけど、映画は好きなので、ルナティックで上映してくれるので、見に行こうかなと思ってます。(支持者だから見に行く、という人もいるんだろうけど。)
今は随分と、政治と無関係で生きていけるようにされてしまっているけど、そんなことはありえなくて。ぜんぶ繋がっていて、日常、のこと。
お客さん来なかった、あれが売れなかった、これが売れた、、顔を合わせれば当たり前のように「経済」の話、、それと同じとこにほんとは「政治」の話もあるんだと思う。

24日は、東京からZoot Sunrise Soundsdiscos PAPKINがやってきて、試聴販売会とPARTYがあるそうです◎
PARTYでは実際に音を楽しむことができるんだろうな〜 いいな。
いま、世界では、どんな音が鳴っているんだろう。



こういうことをしていると、読書家の人を紹介されたり、本に関連するイベントには当然行くでしょ!ていう扱いをされたりするんだけど、
あんまりそこは求めてないような、、
いや、並べてる本、見てほしいけど、、あまりのスルーされっぷりに驚いたりもするけど、、気づいて!て思うこともあるけど、、
人も場所も音楽があるのが好き、
ファンなの?て ファンじゃなくてもちょっと興味あるな…くらいで行ってもいい場所…増えるといいな。
馴染みの とか、安定の とか、いつもの とかね、、いらなくて、
もっとボーダーレス!じゃないとどこにも行けない。




島根、尾道、愛知のことも書きたいな〜と思いつつ、
人が来てくれたようなので また今度。



やっぱり音楽だけではないのかな、、う〜ん、なんだろう、、文学?音楽のなかの文学、がある人?場所?


[PR]
by geroken | 2016-06-13 18:04 | 日記 | Comments(0)

BOOK IS POWER

旧鈴木邸のイベントに足を運んでくださった方々、どうもありがとうございました。
いやぁ、いい本が売れたなぁ、、って
ぜんぶいい本なんだけどね。
ただでさえまだ数少ない本の中から、
イベントに出るときはさらに絞って持っていかなくちゃいけなくて。
これでよかったかな いや あっちだったかも・・・
ACTION は 意思表示。
そんな絞られた本の中からその人の一冊に出会えってもらえたのかと思うと
ほんとうに嬉しい。
どうも どうも ありがとう。
やっぱり、出張も楽しいなぁと思います。

タイトルのBOOK IS POWERは、鹿児島に帰ったときにおじゃましたnew alternative gallery さんがつぶやかれていて、いい言葉だなぁと。

そう、1月中旬は鹿児島へ、1月末は高知へ旅してきました。
帰ってきてから風邪を引いて
それぞれ一週間ずつ寝込みました。
1月も2月も、月の4分の1は眠っていたかと思うと、どうなのよ、、
すっかり元気になって
濃い、濃い、旅のこと、言葉で残したいなぁと思いつつ、
まだまだじんわり思い返しながら独り占め中。。





[PR]
by geroken | 2016-02-15 18:41 | 日記 | Comments(0)

シーラカンスが海を渡る

ぢゃんさんが歌いだした瞬間、身体が動けなくなって、心臓がばくばくして、気づいたら涙が出てた。
あんなに騒いでいた観衆みんな、そうだったと思う。
隣のおとなの男の人も、涙を拭いてた。
あれは、なんだったんだろう。
そんな、ことは初めてで。
もう一度、聴きたい。
また動けなくなっても、泣くしかなくても、聴きたい、今すぐに、だけど遠くて。

あのとき声をかければ良かったなぁ。
ぜんぶ抱えて帰りたくって、なんにも話さずにその場を後にした。
あほだったなぁって思い続けた半年間。

こんなにも思っているのだから、伝えてみたらいいじゃないかって、えいっと。
半年分の勇気をつかって、伝えてみた。

そうしたら、ぢゃんさんがCDを送ってくれた。

やっぱライブが一番楽しいですって、そうだよね、そりゃあそうだよね、
それでも手元にあるCDがとても嬉しくて。

伝えてよかったな。
伝えていいんだな。

いろんなことが巡り巡って、辿り着きました。

ありがとう。



f0359927_16035687.jpg


[PR]
by geroken | 2015-08-19 18:27 | 日記 | Comments(0)

ALKDO

私はきっと性格的には松山寄りなんだけど、
居て、落ち着くのは鹿児島だった。
これがアイデンティティーてやつなのかなあって思った。
鹿児島のバーのライブに行ったのも、鹿児島のバンドを聴いたのも、思えば初めてだ。
一人で行ったけど、全然一人じゃなかった。
鹿児島MOJO、楽し過ぎた。

お客さんみんな呑んだくれてて。
ALKDOに詰め寄ってて。
一曲目が終わった後に、一番前にいた人が、愛樹さんの目の前で真顔で「やべぇ。超楽しい。」て言ったの、もうおかしくて。
そうしたら、隣の人が、「おまえ、今日、来てよかったな!」「今日、生まれたな!」って。
みんなが「ハッピーバースデーーー!!!」て乾杯してた。
ALKDOのペースなんてお構いなしで。
なんだろう、これ。
なんなんだろう。
なに、このあったかい人たち!
愛樹さんの「鹿児島、いいなあ」がすごく嬉しかった。

鹿児島のバンドも全部よくて。
歌詞も、野次も、鹿児島弁が飛び交ってて。
みんなみんな時代の歌を歌ってて。
それは届かないはずがなくて。
もっともっと聴きたい。



ぢゃんさんの歌に、涙が出た。


f0359927_16130129.jpg



[PR]
by geroken | 2015-03-01 16:47 | 日記 | Comments(0)