<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ぐるぐる

OKI さん !
OKI DUB AINU BAND 最高でした
岡山まで行ってよかった・・
はじまった瞬間
ひとつひとつの音がかっこよすぎて
なんなん〜 なんでこんな音 創り出せるんっ
気持ち良すぎて
もう ずっとずーーっと浸かってられたらいいのに って。

橋の下でも聴いてるんだけどな、、格別でした
音響とか演者とかいろいろあるんかなぁ




f0359927_10092490.jpg




















そして やっと聴けた otto&orabu !
セッティングの段階から 楽器に衣装に わくわく
ほんとは 地元鹿児島で聴きたいんだけど なかなかタイミングが合わなくて・・

知り合い といっても かつてほんとにすこーしだけ行き交った人、が、ステージの上でサポートをしていて びっくりっ
まさか こんなとこで再会するとは、、でした
映画も見たいとずっと思ってるんだけど 高知で上映会してたんだな、行けばよかったな







f0359927_10092135.jpg



















この一週間前には 久しぶりにRUMBA.LOCOがあって
大好きな音が鳴っていて
PICOさんのLIVEもよかったし、、

その前の 知久さんのワニサイLIVEも ほんとによかった な

ありがとう、9月
いっぱい詰まってる
またすぐにでもみんなの音 聴きたいなぁ
でも しばらくは 自分の中でずっと回そう
LIVEも日常も地続き 陸続き おんなじ時間の中です








[PR]
by geroken | 2017-09-30 10:24 | 日記 | Comments(0)

最近の本

「北と南」と「ヒロイヨミ社」さんの「ほんほん蒸気」入荷しました
熊本のmy chair booksさんで購入して 大好きだったので うれしい
詩がどんどん読みたくなる 1号 と 港町の三津浜にも似合う 2号
丁寧につくられた冊子です、ぜひ手に取ってみてください


f0359927_17470350.jpg















f0359927_17540295.jpg















あわせて 「ヒロイヨミ」もひさしぶりに再入荷しました
封筒を開いたときの わあっ という感覚、共有したくなる、ひっそりと

f0359927_17501085.jpg















中央公論新社から出ました野尻 抱影と山口 誓子の「星戀(ほしこい)」も届きました

f0359927_17471543.jpg
















平凡社のSTANDARD BOOKSシリーズの中の1冊「野尻 抱影 星は周る」と併せて読みたい、、
STANDARD BOOKSは 選び抜かれた人も 装丁も どれも素敵で
そうくるかぁという 毎回小憎いセレクション
もうすぐ最新巻も届きます

f0359927_17481439.jpg















若松英輔さんの亜紀書房から出ました「生きていくうえで、かけがえのないこと
若松さんの東京で開かれている「読むと書く」講座を受講して一年経ちました・・
いまでも かけがえのない時間だったなぁと思い出します
みんなで読んだ「苦海浄土」、、
読むのに覚悟が必要で なかなか読めない石牟礼道子さんを、いま、読みたい、読もうっという稀に見るモードに突入・・!
しているのに、手元に本がないっ・・貸し出し中でした、、
頼むよ〜 返却願います


f0359927_17491101.jpg














若松さんの「悲しみの秘義」も ぜひ


f0359927_17491816.jpg
















染織家である志村ふくみさんとの往復書簡集「緋の舟」も


f0359927_17492249.jpg
















こんな本も入りました
イヌイットの壁かけ


f0359927_17492837.jpg
















秋の散策がてら どうぞお越しください

もちろん BASE、メール からも承っております
(nekocycle★gmail.com )(★→@)











「死の棘」読み終わりましたが どうにもしんどいです


[PR]
by geroken | 2017-09-22 18:13 | お知らせ | Comments(0)

最近の本

前から気になっていたんだけど
ふとしたきっかけに背中を押され、お取り扱いはじめました、而立書房さん

表現と 息を している
表紙に書かれた リズムそのままに読みたい タイトル
瑞々しい文章に こちらまで新たに生まれるような。ぜひ読んでみてほしいです
私も そこまで行きたいなぁ、、て気持ちになりました


f0359927_14173982.jpg












あわせて 「大杉栄 獄中記」 や 「cocoon on stage」も・・

また 不思議な本、、「創作
どこの誰だかわからない日記、、
書いた人に思いを馳せると同時に
これを世に送り出した人についても考えずにはいられない


f0359927_14180919.jpg
















ナナロク社さんの名作「冬のUFO・夏の怪獣」は 帯が新しくなりました
いがらしさんと ヨシタケさんが 描かれています。
ぼのぼの世界に片足を突っ込んだまま生きていると思っている私は、こんなことがあるんだなぁ・・と、
何度も眺めてしまう、
ぼのぼのとシマリスくんが この本を読んでるんです よ、

f0359927_14250011.jpg















言葉はいらない そっと差し出したい 本も届きました
写真家の齋藤陽道さんのはじめてのエッセイ「それでも それでも それでも
なんだろう、このやわらかさ、、


f0359927_14275180.jpg
















こうして見てみると紙って ふくらんだり ちぢんだり・・
創った人の意思を伝えるべく 変化しているみたい

熊本の文藝誌 アルテリ4号 も届いています
どの号もいいのだけど、、私は特に好きです、4号
はじまりの姜信子さんの言葉に目の醒める思いです

f0359927_14322231.jpg
















バックナンバーもそろっていますので、気になる号から気ままに読んでみてください

ぜひ 店頭 か BASE で、もしくはメールからも受け付けております◯
nekocycle★gmail.com(★→@)





最近 映画「海辺の生と死」を観て 島尾敏雄さんの「死の棘」を読んでいます


[PR]
by geroken | 2017-09-15 14:40 | お知らせ | Comments(0)

出店のお知らせ

まだ もうすこし先のお話なのですが
チラシが届いたので 告知します

村上千彩さんの描く猫 好きです
はじめて見たのはいつだったんだろう・・・
その村上さんのお寺で 市を開くということで
10月っていつの世界?!ていうくらい前から丁寧に準備をされていて
もちろんチラシも村上さんが作られるということで
どんなのかなぁと勝手に期待しながら待っていました

f0359927_17124743.jpg









表紙に猫・・♪
猫が本を売っとる・・!嬉しい、、
個展に伺ったとき
いろんな本の世界を表現されていて
それがまた好きな本ばかりで(読んでなくても好きって本ばかりで)とても楽しかった

f0359927_17125154.jpg











f0359927_17125330.jpg











ぜひ 手に取ってみてください
そして 遊びに来てください ね


"豊圓寺のお寺市"
2017.10.29(日)10時〜16時
@ 豊圓寺 境内
(愛媛県伊予市下吾川1963)
blogもあります → http://houenji.seesaa.net/
(使って頂いている写真は過去のものなので〜あしからず。。日々変わっております)





そして もうひとつ
無添加住宅さんが発行されている「むてんかびと」vol.11 に
蛙軒 紹介して頂きました
→ http://mosshouse.co.jp/event/mutenkabito11.html

蛙軒は 無添加住宅さんに施工していただいたわけではないんですが・・
このたびご縁があって 掲載して頂きました
地元、九州からの取材ということで嬉しかったです

こういうことは 初めてなんですが、、
クマンガピック(猫)を見ていて思うことも 書いています
結構 本音を書いたので 読んでほしくないような・・・と思わなくもないですが

無添加住宅さんは
「身体に悪いものは使わない」
という当たり前のことがまかり通らない日本の住宅産業に異を唱え続け、
何十年も先の人のこと、家のこと、風景のことを真摯に考えながら
家づくりをされている良心ある会社です

機会あれば ぜひご覧ください


f0359927_17125519.jpg










[PR]
by geroken | 2017-09-13 17:33 | お知らせ | Comments(0)

秋雨

アルテリがよく出た 雨の日の いただきもの

知られても 知られなくても
私はなんにも変わらない けど
受け手があることだから
揺れを 引き起こす

なにかしてくれるから
返しているわけではなくて
もっとシンプルな、、、ナンニモナイ
ナンニモナイを 探してる

言葉にしたい いろんなこと
言葉にしてしまいたくない いろんなこと



(「おくりものはナンニモナイ」パトリックマクドネル)









f0359927_15041275.jpg
[PR]
by geroken | 2017-09-08 14:59 | 日記 | Comments(0)

満月の夜に

珍しく 2週連続の ワニサイ

そうだー!
知久さんは虫みたいなんだ!って。
昆虫学会に参加されていた ということを聞いただけで。
それがどれくらい知久さんの中を占めているのかとか 大事なことなのかとか
そもそもなにをされているのかとか
全く知らないのに 勝手にそう思った。

もう ひとりで ひとつの 楽器みたいな人だなって。
開くと 物語が溢れ出す 一冊の本みたいな人。
身一つで 声と楽器と なんて清々しいんだろうて思っていたから。

身体全部で音を響かせる蝉ってぴったり!て思った。
ってなんにも知らないんだけど・・・

だんごむしの名前を教えてくれる知久さん
こ この子とこの子はどう違うん?
どこで見分けるん??
わたしにはさっぱりだったけど
見える人には
見ようとした人には 見える世界

名前はわかんないけど だんごむし 好きですよ
飼ったりしてましたよ
でね セシウムと少女が大好き
今年 橋の下も行ったんですよ
こっそり思う

暗闇ですっぽり浸かる音楽は とても気持ちがよくて
隠れられる場所あると 落ち着く

翌日も
ああ 知久さん よかったなぁ 知久さん
て なんども反芻してた











f0359927_15041713.jpg










"前衛的で大衆的"
BAKIBAKIさんてBAKI柄じゃないときはこういう絵なのかぁって新鮮




[PR]
by geroken | 2017-09-06 23:00 | 日記 | Comments(0)

乗りこむ

勝手にしやがれを リアルタイムで見ていたと
想像してみるけど それはなんだか果てしない
わたしの生まれる前に
足繁く映画館に通う
我先にと本を買い求めて かたっぱしから読み耽る
そんな青年たちを そばで見つめてみるけど
向こうはわたしになんて気づかないで 通り過ぎてゆく
でも ほら
カバンから 辻征夫さんの詩集 が出てきて
カバンから 寺尾紗穂さんの本 が出てきて
繋がった・・・っ
おんなじ時間の流れに乗った
わたしも好き
わたしも読みたかった
おんなじだなぁ
いま だなぁ



[PR]
by geroken | 2017-09-03 23:00 | 日記 | Comments(0)