あふれているものを掴む

せかされるのが苦手なので、
早い とか、もう とか、聴いたり見たりする機会が増えるこの時期は、苦手です。
一年前って、、まだそんなことしてるの?って、まだそんなとこにいるの?って、、
私にとって一年は、ながい、ながいです。

今年も 一年 ありがとうございました。

”ここでは第三の私になっていいんだと思って・・・”
わあ そんなふうに スッとわかってくれる人もいるんだなぁて。うれしかったです。

1月も火木金、、3(火)5(木)は開いていますが、6(金)はお休みします。
それ以外の日や時間帯を希望される方はご連絡ください。





そう、東京に行ってきました。
齋藤陽道さんの写真を観ました。
齋藤さんの「春と修羅」、、この一冊だけでも語り出すといろーーーんなことがあって、書ききれないので書かないけど、いろんなことがあって、しみじみと、写真に浸かってきました。
庭園美術館のボルタンスキー展もよかった、、、こういうメッセージを発する人、好き。て思った。
聴こえてくる、浮遊している”なにか”を 追いかけ、追いかけ回され、対話しているような空間でした。
恵比寿のPOSTではエレナさんの写真を見て、
大好きシス書店では山尾悠子さんの展示を見ました。
恵比寿駅の周りを歩いていたら、あ、私、ここ知ってるーーてなって。風景と感覚だけを頼りにシス書店に辿り着けて…!東京で初めて”場所”を覚えたかもしれない…

たのしかった、です、でもほんとはね、絵を、浴びたい。
絵を浴びたい欲!

昨日、今年いちばん楽しかったことは?て聞かれて、そんなこと考えたことなかったなぁて、なんだろう…って思ってたけど、
OT29!
三津浜の倉庫でOT29と海野さんが3時間?4時間?くらいずーーーっと絵を描いてたの、そしてDJ DOC.KOYAMANTADOの音、、
あれ、あの、時間、かもっ て思った。
いつも いつもね、こんな時代に、先を、希望を、見せてくれる表現者たちに、たくさんの感謝とリスペクトを。

良き年末をお過ごしください。


f0359927_14241426.jpg



◇入荷◇





[PR]
by geroken | 2016-12-30 17:18 | 日記 | Comments(0)

祈ってみようよ

今度の日曜日◎
近所のイベントに参加します。
どうぞあたたかくして、、ひとりが ひとりで のんびりできたらいいな。
詳しくはmoyismさんのHPをどうぞ♪


「三津浜の古民家旧鈴木邸でおもしろいことするらしい。其の五」

日時 12月18日(日) 10:00~15:00
場所 松山市三津1丁目3‐13 旧鈴木邸

今回おもしろいことをするのは、次の方々と来てくださるみなさんです。

*アユミ製パン キャラクターパン
*暮らしの道具「小粒舎」 古道具・何者からかの手紙・その他
*蛙軒 本と喫茶
*Chic Fava いつもの縫い物&染め物・dripコーヒー&焼き菓子
*「Licht」 ボールペンで描いた野の花のポストカード・贈り物に添えるちょっとした紙もの
*和~nodoka~ まじめな調味料・まずは飾りたくなるような食品・心からオススメしたいケア用品
*「moyism」 ジャンクなフルモノから生まれたアート・フルモノを生かしたリメイク家具と手づくり雑貨・フルモノ


f0359927_14254976.jpg


********




畳一畳分でいいから 畑がほしい

そんなことが移民には難しい。
とぼやいていたら、浮雲書店のニックさんが貸してくれる畑を見つけてきてくれて、今年は畑をしています。
といってもなんさん遠い!(車で片道1時間…)ので、ほったらかしだけど、、
でも貸してもらっている条件が、化学肥料をやらないこと、水をやらないこと、なので、ちょうどいいのかな。
そんなほったらかしなのに、里芋も大豆も実ってくれました。あとハブやオクラも、、
1、2回の食卓分にしかならない量だけど、嬉しい!
大豆なんて、ヨレヨレでみすぼらしくて、とても売り物にはならんなって状態だったのに、
煮てみたらぷっくりふくらんでくれてとっても美味しかった。
こんなに嬉しいから秋って、、お祭りするんだな、そりゃあもう 太陽に雨に大地にありがとうだな。
どこもかしこも、、当たり前だけど地球上って大地、、(と海)なのに、こんなにも自由にならないのも大地。

「でも今はそれが、この土地は誰々さんのもので、誰々さんが買ったから誰々さんの好きなようにしていいんだと、土地が「誰々のもの」という概念が常識となってしまっていますね。でも、人間が土地を所有するという概念をもったのは、ほんのつい最近の常識であって、大地は、本当は誰のものでもない。お借りして、人間が住まわせていただいている。つまり大地は人間に属するものでなく人間が大地に属しているのだと気づかせていただきましたね。」
(同胞新聞 人間といういのちの箱 2014.9・10号 広田奈津子さんインタビュー掲載記事より)

ねぇ いろんなことが。いろんなことが日々起きていて
こんなこと考えるのは”余裕がある”とか思われてしまうんだろうか。
でも、じゃあ余裕がないのは そんなふうになってしまっている そのほんとのほんとの元にはなにがあるんだろう、、て思ったら、
やっぱり考えるしかないんじゃないか。
なんにもできないけど、なんにもできないから、考えるのをやめたらいけなくて。
肩書き、、とかカテゴライズするのはいやなんだけど、夏木マリさんが自分のこと"prayer"ておっしゃってて、あ それ いいな て思った。

シリア・アレッポを救え! 緊急署名活動  http://www.mdm.or.jp/bokin/petition.html
病院を撃つな!署名活動 http://www.msf.or.jp/utsuna/


「私には祈ることしかできません」と善良な人たちが言うんだけど、「じゃあ一度本気で祈ってみようよ」と言いたい。

「祈る」「拝む」「瞑想する」ということは、「それが人生なんだ」とも言える。今はそのことを一時的、瞬間的にまるで記憶喪失のように忘れているだけで。
(「辺境ラジオ」内田樹・名越康文・西靖 140B)

「どんどん名前を増やして、ますますややこしくなってやる。そう考えています。
ひとつの名前では収まらない厄介な存在であろう、と。
(「声」姜信子 ぷねうま舎)


f0359927_14255321.jpg

◇気になる入荷◇

つきのなみだ
しろ
世にも美しい日本語入門

世にも美しい数学入門

◆最近読んだ本◆
橋ものがたり 藤沢周平
このあたりの人たち 川上弘美






HP:http://geroken.wix.com/mitsuhama

(掲示板 更新しました。Have a nice trip♪)

shopping:http://geroken.thebase.in
blog:http://geroken.exblog.jp/
Twitter:https://twitter.com/nekochari325
Instagram:https://www.instagram.com/geroken325/
Mail:nekocycle@gmail.com



[PR]
by geroken | 2016-12-16 17:06 | 日記 | Comments(0)

夜に声をあげる

四国劇王」という演劇祭を観劇してきました。
夏に「CTT」を観に行って、おもしろいなぁと思ったのが「パッチワークス」。
その「パッチワークス」が出る、ということでワクワク観に行ってきました。
CTTもそうだったけど、四国劇王でも、数字で表される評価はあんまり高くなくて・・・
でも、私、やっぱり、パッチワークス、好きだなぁ。
始終「怒」を感じる。
ステファンエセルの「怒れ!憤れ!」にしろ、「怒りは深くなると 透明になる」ていう岡本太郎さんの言葉にしろ、「怒」というのは目を背けてはいけない感情なような気がします。
作品を生み出す気持ち、世の中に問いかけたい気持ち、は、パッチワークスのようなものがいい、て思ってしまう。
次!更なる次!が、観たいです。

演劇って音楽とも絵ともまた違う、独特の世界。
終わったあとに、速攻で皆の前で評価されるってね、、フィギュアスケートみたい、、私が観に行ったのがそういう、トーナメント戦だったせいもあるんだろうけど。
夏に観に行ったときに、毎日毎日 声を枯らして 体当たりでぶつかって この世界を創り上げようとしている人たちが、町のあちこちにいたのか、、ということに、圧倒されました。想像してみたら、それって それって すごい、ことだなぁて。
そして、こんなに演出、とか、音響、とか、さっぱりわかっとらん人でも見に行っていいんだって、(わかっとる人がいっぱい来とるのでひるみはするけど)、
もっと気軽にね、そういう世界を観に外に出たらいいのになぁ。
知り合い、とか、ファン、とかじゃなくって、すぐ隣にある世界、、ただ演劇とか音楽とか絵に身を置く夜が増えたらいいのに。て思う。
て 現実的にお金が、、とかありますが。
ちょっと観劇、はまりそうです。
「キネマと恋人」観たかったな。。(ウディアレンの「カイロの紫のバラ」が原作!)

f0359927_14273687.jpg
さて。今年最後の出店になりそうです。
近所の旧鈴木邸に出店します。
旧鈴木邸は、伝統技術を生かし、細部にまでこだわって手直しされた、新旧入り交じる良き古民家です。
私は本と喫茶を、、
喫茶メニューは、抹茶(和菓子付き)と、自家製 柚子ティー、野草ブレンド茶、になりそうです。
ぜひ あたたかくして おひとりでも のんびりとお越しください ね。
お待ちしております。

あ!夜は、同じく三津浜でルンバロコあります〜 こちらもぜひに!
おいしいタコスと音楽で良き夜を♪



「三津浜の古民家旧鈴木邸でおもしろいことするらしい。其の五」

日時 12月18日(日) 10:00~15:00
場所 松山市三津1丁目3‐13 旧鈴木邸

今回おもしろいことをするのは、次の方々と来てくださるみなさんです。

*アユミ製パン
  キャラクターパン
*暮らしの道具「小粒舎」
  古道具・何者からかの手紙・その他
*蛙軒
  本と喫茶
*Chic Fava
  いつもの縫い物&染め物・dripコーヒー&焼き菓子
*「Licht」
  ボールペンで描いた野の花のポストカード
  贈り物に添えるちょっとした紙もの
*和~nodoka~
  まじめな調味料
  まずは飾りたくなるような食品
  心からオススメしたいケア用品
*「moyism」
  ジャンクなフルモノから生まれたアート
  フルモノを生かしたリメイク家具と手づくり雑貨
  フルモノ

f0359927_15423160.jpg
◇気になる入荷◇
◆最近読んだ本◆
ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語 津島佑子
声 千年先に届くほどに 姜信子
忘れ川をこえた子どもたち マリア・グリーペ




HP:http://geroken.wix.com/mitsuhama

(掲示板 更新しました。Have a nice trip♪)

shopping:http://geroken.thebase.in
blog:http://geroken.exblog.jp/
Twitter:https://twitter.com/nekochari325
Instagram:https://www.instagram.com/geroken325/
Mail:nekocycle@gmail.com




[PR]
by geroken | 2016-12-08 17:04 | 日記 | Comments(0)

黄色に思う

どうしましょう。
人が来ない。ブログを書こう。

今年も小田の銀杏祭に行ってきました。

f0359927_15383944.jpg
去年も行ったのだけど、大きなおおきな樹齢1000年以上もの銀杏の樹の下で、
朝からおじいちゃん、おばあちゃんたちが蕎麦をうって、お餅をついて、お煎餅焼いて、それを銀杏の樹の下でみんなでワイワイ食べるのです。
銀杏が舞う様はほんとに美しくて。ありきたりかもしれないけど、銀杏散るなり夕日の丘に、、て句が何度も浮かぶ。一枚いちまいくるくる踊りながらとめどなく降ってくる銀杏の葉っぱ。それをみーんながわあって見上げながら、拍手しながら、銀杏の葉っぱ頭に積もらせながら、いーい笑顔で銀杏(ぎんなん)のお餅やお煎餅を食べてるの。
ああ、秋祭りって収穫祭なんだね、今年も実ってくれてありがとうなんだねって、そんな、当たり前のこと、しみじみ思う。
もっと日本中、この時期にみーんなが上を見上げて銀杏の季節を祝ったら。どうなるかな。ハロウィンよりもクリスマスよりも、ここがマックスなんじゃないのかな。
そんな、銀杏祭。


それから、80年代D.C.パンクの軌跡「SALAD DAYS」を観てきました。
ひとりでつるっと動くことが多いんだけど、珍しく友だちを誘って、、えー どうしよう 知ってる人がいっぱいいるわ なんて普段は言っているのに、この日はドアを開けるなり、ちらほら見えた知った顔にちょっとほっ、、
パンクはあんまり、ほとんど、聴かないんだけど、そこに流れる精神や、パンクが生まれ出る感情、動き、は好き。パンクスはやさしい と思う。
VEGRECAさんの自主上映ていうのもいいなぁて。
そういえば前に、「絶対 パンクでしょ!」て言われたことがあって。こういうこと(本を売ること)をしてるなんて、絶対そうだ と。え?そうなの?パンク?って、、なに・・・?!てなったけど、嬉しかった なー。

f0359927_15384457.jpg

そう、今年もね、ドイツからMATEPOWERのディエゴが来てくれました。
EKDの竹田の子守唄が とても とても よかった。
歌を歌う人は 祈ってくれているんだと思う。
歌を歌う人に 守られているんだと思う。
そんな人が同じ町にいてくれるのは ありがたいなぁて思ったよ。
いい夜でした。

f0359927_15384711.jpg
(@とぉから https://m.facebook.com/tohcara/)



気になる入荷
断片的なものの社会学 岸 政彦
緋の舟 志村ふくみ 若松英輔
独り居の日記 新装版 メイ・サートン 著・武田 尚子  翻訳
恐竜人間 下田昌克 (恐竜制作) 谷川俊太郎 (詩)  藤代冥砂 (写真)
エレンディラ ガブリエル ガルシア=マルケス 著 鼓 直・木村 栄一  翻訳

最近読んだ本
◇母よ!殺すな 横塚晃一



[PR]
by geroken | 2016-12-02 17:07 | 日記 | Comments(0)