夏の日

同級生が東京で歌っているらしい。
何年か前に友だちづてに知ったアカリノート、こと西村くん。
「ビール狂の詩」、いいなって。
まぁ、それだけだったんだけど。

4月に東京に行ったときにちょうどライブをしていたので、行ってみた。
なんにも言わずに帰ろうかと思っていたんだけど、CDを見ていたら声をかけてくれて。
「実は、同級生らしいよ」という話。
そしたら、8月に香川に来ると言う。
え、香川まで来るなら愛媛まで来たら?て言うと、
もちろん歌う場所があるなら行きたい!どこでもいいよ!と言う。


…え?
私ががんばれってこと?

やぁ。ひとつ思い当たる場所はあるけど、そんなに話したことないしなぁ、無理無理!
って愛媛に帰ってきて某珈琲屋さんで珈琲を飲んでいたら、
目の前に、その”ひとつ思い当たる場所”店主のタカさんが現れて。
そんなことってあるんだな、、
もうここで言わんかったら絶対言えないっ
て相当ドキドキしながら聞いてみたら、
あっさりいいよって言ってくれて、
愛媛でのライブが決まったのでした。

西村くんの「場所だけ決めてくれたらいいから!」て言葉を鵜呑みにしていたら、
蓋を開けてみたらそんなことは全然なかったわけで、
いろいろグダグダだったけど、
でもなんていうか、
歌いに来たら?て言ったら来てくれて、
歌わせてくれますか?て頼んだら場所を提供してくれて、
音楽って自由なんだなぁって、
自由にさせてくれてありがとうって思った。(反省点は多々ありますが)
その間にわちゃわちゃなんにも介してなくて、すごくダイレクト、で、
こんなんできるんだ…て、なんにもしていない私には驚きだったり、不思議だったり、なんだか現実味がなかったのです。

そんなこんなで、ひょんなことから同級生と過ごすことになった愛媛での2日間で、普段いかに人と距離を置いて付き合っているかを痛感してしまって、
いつもは流せるとこが流せなくて、すごく近いところでコミュニケーションをとらなくちゃいけなくて、そんなのに慣れていない私は動揺し、なんだか自分が保てなくなって、しまいには、
もう同級生ってめんどくさいっ もう来んでっ
て言う始末。(どうよ、それ)
なんだか久しぶりに人とタメ口で言い合いした気がするなぁ。
”同級生”ていう一点があるだけで、
しかも当時はお互い全く知らなかったわけだから、
今、出会う人たちとなんら変わらないはずなのに、
なんなんだろう。

それを受けて、高校のときの友だちとずっとメールをしていて、
そんな日の夜に、今住んでいる町のお祭りがあって、
それは仮装大会で、
ドリーム思い出しちゃうよね、
そして、そんな次の日が、同級生の命日だったから、
今年の夏はすごく”戻って”た、いつもより。
だから名前を呼ばれてびっくりしたんだ、私、此処にいたのかぁって。

みんなが、元気に過ごせているといい。

祈りは常に在るけれど。
特別に意識するわけじゃないけれど。
それでも。

卒業して10年以上も経ってから、こんな出会いがあって、こんな時間を過ごせました。

お互い元気で生きていて、よかったね。


みんなも、元気に夏を過ごせているといいな。








あっ。ライブの感想、書いてない、、、また今度。
西村くんが「話せる人生」がいいって言っていて、あ、それ、私もそう思ったの、気づいたのって、首をいっぱい振って頷きたかった。




f0359927_18304866.jpg





[PR]
by geroken | 2015-08-23 18:30 | 日記 | Comments(0)

シーラカンスが海を渡る

ぢゃんさんが歌いだした瞬間、身体が動けなくなって、心臓がばくばくして、気づいたら涙が出てた。
あんなに騒いでいた観衆みんな、そうだったと思う。
隣のおとなの男の人も、涙を拭いてた。
あれは、なんだったんだろう。
そんな、ことは初めてで。
もう一度、聴きたい。
また動けなくなっても、泣くしかなくても、聴きたい、今すぐに、だけど遠くて。

あのとき声をかければ良かったなぁ。
ぜんぶ抱えて帰りたくって、なんにも話さずにその場を後にした。
あほだったなぁって思い続けた半年間。

こんなにも思っているのだから、伝えてみたらいいじゃないかって、えいっと。
半年分の勇気をつかって、伝えてみた。

そうしたら、ぢゃんさんがCDを送ってくれた。

やっぱライブが一番楽しいですって、そうだよね、そりゃあそうだよね、
それでも手元にあるCDがとても嬉しくて。

伝えてよかったな。
伝えていいんだな。

いろんなことが巡り巡って、辿り着きました。

ありがとう。



f0359927_16035687.jpg


[PR]
by geroken | 2015-08-19 18:27 | 日記 | Comments(0)

QUE PASO 2015

まだまだまだ
もっともっともっとできると思うんだ。

私、いくらでも動けるんだ。

そんな気持ちがいっぱいで。
ありがとうって思う。

もう先のことはよくわかんないのに、考えられないのに、
QUE PASOは次、に思いを馳せずにはいられない。
未来に気持ちが動くというのは ちょっと泣きそうになるくらいうれしいな。

心からの言葉をちゃんとその温度で受け取りたい、し、それを人にも伝えたい。
昨年は届けきれなかったけど、今年は来てくれた人たちもいて、少しずつ、すこしずつ。

もっと できるかな。
なにが できるかな。

みんなが笑ってた。
みんながなにかを創ってた。

ああ とっても楽しい一日だった、言葉が足りない てきっとこういうこと、だなぁ。


f0359927_16043258.jpg

f0359927_16043539.jpg

f0359927_16043893.jpg



[PR]
by geroken | 2015-08-16 18:25 | 日記 | Comments(0)

2015年8月

お昼過ぎ〜日暮れ 開放

5(水)7(金)
12(水)14(金)
19(水)
26(水)28(金)

その他の日も開いていれば開いています


--------------------------------------------------------

◉夕涼み・七夕まつり◉

8月7(金)17:00-19:30
場所:村の駅五本松(砥部町五本松36番地)

17:00〜  七夕・笹飾り 短冊に願い事を書こう
18:00〜 けん玉WS

ソフトクリーム/かき氷/ビール/ハッシュドポテト/焼き鳥/水餃子などなど。
スーパーボールすくい、花火も。

>蛙軒はけん玉WSさせてもらいます。
その傍ら、本を売ります。甘酒やアイス珈琲も◎
夏の夜に駅に集ってたのしいひとときを。

--------------------------------------------------------

◉ QUE PASO ◉ ケパソ ◉

8月16日(日) 16:00〜
BAR CAEZAR(シーザー)にて
(松山市3番町2-8-2 豊島ビル3F)

演奏 :
EKDDIK y LOS CABRONES (未来世紀メキシコ)
PICO中島 (ロホレガロ/大阪)
宮下大地 (生活の柄/東京)
halcony (沖縄)
嶋本慶 (愛媛)

選曲 :
未来世紀メキシコ衆
RUMBA.LOCO衆
ROCK TRIBE衆
JUST A GROOVE IN G 衆
鎌田洋 (EARTH BEAT records)
ゴロウ (mellow mellow records)

絵描 :
MAD RICE (OT29/京都)

大道芸 :
お伽ラッパ(ラブリーノ×ササキヨウヘイ)

出店 :
DUB屋
田中戸
うたたね農園
菜月農園
イノチカラ
蛙軒
おかげさん
糸笑布

and MORE !!!



>蛙軒、本屋さんします。

大事なことはきっとゆっくり進む◎
こんなにも混沌とした時代、できることは、足元を耕すこと、問い続けること、真剣に遊ぶこと、祈りを歌い、未来を思い、踊ること。
身近な人を誘ってぜひ遊びにきてね。
夏休みだし!遠方からもぜひ◎
入場無料★誰でも出入り自由の投げ銭制★です。
お盆の宴にぜひ!お越しください!



--------------------------------------------------------






[PR]
by geroken | 2015-08-01 18:24 | お知らせ | Comments(0)